【バーチャラー】バーチャルオフィスで業務を簡単にしよう!

top > バーチャルオフィス情報 > 少ない資金で都市部に住所が持てる

少ない資金で都市部に住所が持てる

 起業をするのはどこでも構いません。都市部で行えば営業もしやすいでしょう。費用が少ない場合は、自宅のある住宅地で行う場合もあります。
 会社の本社は住宅地でも、営業を都市部で行えば行えないことはありません。ただし、実際に営業をするようになるといろいろな問題が生じてきます。
 営業先に行けば名刺交換をします。会社名や名前を確認され、さらに住所なども見られます。住所が住宅地にあると、営業先からも少しおかしいと感じられるかもしれません。
 既に人脈などがあれば人としての信用で営業ができますが、新規でどんどん営業をするときには、新たに信用を築く必要があります。
 会社が大きいか、住所が都市部にあるかなどは会社を見るときの基本です。住宅地に住所があると信用力が弱くなります。


 バーチャルオフィスとは、都市部に住所を借りて会社設立などができるサービスです。通常都市部で起業するときは、オフィスと賃貸契約をします。
 オフィス街となると、かなり初期費用が掛かります。もちろん賃料もかかります。小規模のビジネスを始めようとするとき、かなり負担が大きくなります。
 賃貸を利用できないとき、レンタルオフィスを利用する場合があります。オフィス街にあるサービスで、デスク一つ分のスペースから利用できます。
 デスク一つ分でも住所がありますから、そちらに本社を置いて業務を行うことが出来ます。一人で起業するには十分な広さです。
 ただ、デスク一つでも1箇月の利用料金はそれなりに高くなります。レンタルオフィスの利用料よりももっと少ない資金で運営したい場合があります。


 バーチャルオフィスは、レンタルオフィスのように都市部の住所が得られますが、固有のスペースは用意されません。
 ですから、荷物を置く場所や、固定で仕事をする場所などはありません。あくまでも仕事をする場所は別で確保する必要があります。
 それ以外のサービスとして、郵便などを受けてくれるサービスがあります。また、電話も受けてもらえます。利用が始まると、郵便が来ていないかを確認しに行ったり、電話がかかっていないかなどを転送してもらったりします。
 郵便物などは、まとめて自宅などに送ってもらえる場合があります。場合によっては、一定のスペースを一時的に利用できる場合があります。
 固定ではありませんが、デスクで作業をしたり、接客などができるスペースが利用できます。レンタルオフィスよりも大幅にコストを下げられます。