faxでのdmの反応率は0.1%から0.3%ほどが平均とされており、1,000件送って1件から3件反応があるくらいです。この平均の件数であっても、闇雲に戦略なく送っていては反応率が上がる所か下回ってしまい、全く反応を得る事ができない事態になってしまいます。Faxでのdmで反応率を高めるためには様々なポイントが必要となります。上手くポイントを突く事ができれば平均以上の反応を獲得する事も可能となります。ある程度ぽんとポイントを絞りfaxのdmを送ったとしても最初から上手くいくことはなく、成果が出ない中でも戦略を立てて実行をし、結果の内容を確認し振り返る事が大切です。次回送るdmでは前回の戦略の修正を行い、再度戦略を立て直し実行していきます。こうした内容を繰り返し行う事で成功パターンを発見する事ができます。

faxでのdmを送る時に反応率を上げるポイントとは

faxでのdmを送る時のポイントとして、誰に宛てたdmなのかを見極める必要があります。メーカー宛てのfaxでも誰に読んでもらいたいのか、どのような切り口で商品やサービスの魅力を伝えるのかが大切になります。販売実績のある商品などであれば、過去の購入者にどのような性質の人がいるのかを分析しターゲットの選定をする時の参考にします。まだ実績のない商品であれば、どのような相手であれば反応率が高くなりそうかなどの仮説を立て、テストを繰り返してターゲットを見極めるのをオススメします。次にfaxの送信先など番号のリストを収集するのは手作業では困難な為、リストの提供などもされているfaxのdmの業者を利用すると効率よく進める事ができます。利用する場合はリストの収集元がどこか、定期的にデータの見直しをしているかなどを注意して確認する必要があります。

faxでのdmの反応率を上げるための原稿とは

faxのdmの送付先やターゲットを絞る事が出来た後は送るための原稿作りです。最初から売り込もうとするのではなく、のちのち購入してもらうくらいの気持ちを持ち原稿作りをします。詳しい説明がないと解らない新商材や、専門的なサービスやコンサルティングなどの場合、直接商品の宣伝をするのではなく、無料相談やセミナーの案内などを切り口とするのが適しています。商材のサンプルや関連冊子のプレゼントなども、なるべく無料で行うのがオススメです。本文の文章はターゲットの事を想像して、どのような文章であれば読んでもらえそうか、響きそうかなど反応率を考える事が大切です。この商品のここが凄いや、セミナー開催の案内ですなどの告知のような文章では反応は得られない為、ターゲットの目線から考えた文章が必要となります。