見込み客に対しての広告宣伝としてfaxをもちいたdm発信を行う企業が増えています。fax送信リストと送信機器があればすぐに実施できる手軽なダイレクトメールなので利用を検討したいという企業も多いのではないでしょうか。これまで郵送のdm発送を行ってきたのであれば、コストカットもできる点、封筒を開けずに捨てられてしまうといったことは避けられる点、印刷や発送にかかる業務が減る点などメリットも大きいです。そんなfaxdmの反応率を上げるには、いくつかのポイントがあります。まずはターゲットを絞る事です。送信先となる相手の業種を絞り込み鋭い切り口で原稿を作成するのがおすすめです。送信するタイミングも重要です。faxを気持ちよくみてもらうためにも相手にとって都合の良い時間帯に送るようにしましょう。

反応率のよいfaxdmは、原稿にポイントがあります

faxdmはメールや郵便と比べ、開封率は100%、コスト面、スピードにおいて、メリットが高い販売促進法といえます。情報量が制限されたり、クレームがあったりと、マイナス面もゼロではないですが、送信相手をしっかり限定すること、適度な回数を相手にとって都合のよい時間帯に送ることなどを心掛けていれば自然と反応率は上がってきます。faxdmを成功させるコツは原稿の設計にもあります。faxは白黒が基本です。限られた面積に必要な情報を効率よく掲載する必要があります。そのためキャッチコピーはできるだけシンプルに、読んでみたいと思わせるような簡単なものがよいです。とにかく原稿の最後まで目を通してもらい、興味を持ってもらうことが大切です。そのほかお客様の声や希少性、限定性をアピールするとより反応率も上がります。

faxdmの反応率を上げるなら、代行業者を利用してみよう

自社でfaxdmを行うこともできますが、たいていの場合代行業者を利用しています。送信先のリストアップや反応率からのマーケティング、原稿へのアドバイスなど、使いこなすことでより販促に生かすことができます。代行業者は初期導入費用や基本料金、配信単価、クレーム対策など、サービスを比較して選びましょう。中には原稿の添削やテンプレートを用意してくれるところもあり、活用したいものです。クレームは送信先のトナーと通信回線を利用していることを考えれば、ある程度の覚悟が必要です。だからこそ自己満足の内容となってしまわないよう、第三者を介した原稿作成がおすすめです。内容を詰め込みすぎず、不安なく問い合わせしたくなるようなものを作成しましょう。チラシ風ではなくお手紙のようなdmがおすすめです。